興信所の基本解説/興信所とは、どこまで調査できる?

興信所の基本解説

興信所とその業務内容について解説


興信所とは

興信所と聞くとはっきりとどんな仕事をするところなのか理解をしている人、また業務内容について知らない人が多いと思います。
よくテレビなどで見ることがある、探偵社のことを興信所というのです。
この探偵社と興信所は同じ意味で表現されることが多くあります。探偵社とは業務内容として主に社会関係を調査する場所のことをいいます。
そして興信所では経済関係を調査する場所のことをいうのです。

社会関係と経済関係についてですが、個人的な人間関係などをコミュニティ内での問題などを調査することで、経済関係とは企業や団体といった大きな組織について、さらには金銭的な問題の調査を言います。
身元調査でも、金銭にからむ調査を行うこともあるでしょう。

この二つに関して、明確に区別されている理由としては、探偵にも得て、不得手が存在しており、その中でも経験や業務実績といったもので判断することが可能になります。
探偵の経験や業績について、どうやって知ればいいのかと疑問を持つかもしれません。基本的にこういった情報は直接探偵に話を聞くことも出来ますが、依頼をしようと考えている探偵事務所や興信所のホームページからも探すことが出来ます。
また、探偵のことについてもっと情報を集めたいと思えば、最近ではインターネットから口コミとして探偵の情報を集めることも出来るので、そちらからアプローチするのも手段の一つでしょう。

ここでの解説では、興信所と探偵社の違い、または仕事の依頼に関して注意点を解説していきます。

解説内容について、しっかりと理解した上で、興信所、探偵社の違いと、そこに所属する探偵の得意、不得意の調査方法を知ることが、間違いない満足の出来る調査報告と、探偵へ依頼をすることが出来るのようになるのです。


興信所のいろんな身元調査について

興信所の調査には調査対象者の身元を調べる身元調査があります。身元調査と言ってはいますが、この調査は素行調査や結婚前調査といった名前で呼ばれることもあります。

身元調査でどのようなことが調べるのかといえば、調査対象者がどこに暮らしているか、身元調査の対象者が働いている会社はどこか、調査対象者の評判はどんな印象を周囲の人間に持たれているのかなどの調査を聞き込みや尾行、張り込みで調べます。

この身元調査で注意しなくてはならないのは、差別につながる事を調べないことです。
興信所が遵守する法律では、差別につながる調査を行ってはいけないと明記されています。
そのため、調査対象者の出生に関する調査などは興信所に依頼したとしても、興信所はその調査を受けることはありません。

また、身元調査では、調査対象者になんらかの危害を加えようと考えている相手からの調査も興信所は調査を受けません。

たとえば、ストーカーが付きまといをしている人の調査を興信所に依頼したとしても、興信所はそれに気がつき、調査を受けないようにしなくてはならないのです。

どうすれば身元調査を依頼する人がストーカーなど、調査対象者に危害を加えることを目的としていないか確認するか、その方法は興信所ごとに違います。

このように興信所の身元調査といってもいろいろなルールがあります。それらのルールは身元調査を依頼する人も知っておかなくてはなりません。


リンク集


離婚前の修羅場がキツイ
夫婦間の浮気、不倫などの不貞行為問題について独自視点と、問題解決のために行った取り組みについて語っているサイトです。夫婦間のトラブルを抱えるご家庭に解決の手助けとなるサイトです。



Copyright (C) 2013 興信所の基本解説 All Rights Reserved.